男性ホルモンと早漏について-早漏克服経験

男性の性生活の悩みは多分早漏ではありませんか。

男性早漏は加齢によってなることがあります。

その早漏原因は加齢による男性ホルモンの低下にあります。

男性は、年齢が上がるにつれて男性ホルモンの分泌量が低下します。

以前で30代からなる人もおりますが、大半を占めるのが40代~50代の間です。

セックス時男性ホルモンが低下すると、精力減退などによって十分な勃起ができなくなってしまいます。勃起障害、勃起不全といわれます。

それによって射精をコントロールする射精筋肉が弱ってしまい、意識とは関係なく射精してしまうのです。これを”衰弱性早漏”と言います。

対策として、男性ホルモンを補う必要があります。

その為、いろいろな早漏防止薬を出現しています。

しかし、意外に感じるかもしれませんが、糖尿や泌尿器系の疾患によって早漏になる場合があります。

特に、前立腺の炎症や慢性尿道炎、尿道感染症によって、性機能が低下し早漏になるリスクが高まるのだそうです。

この場合は、疾患を改善する事が一番重要です。

もしそういった病気がある場合はそちらをまず治しましょう。

早漏克服経験:

私自身が早漏を克服した真実の過去から説明させて頂きます~

まず、私が童貞を捨てたのは20歳の時で、相手は当時交際していた女性でした。結果は挿入後5秒程度で射精・・・

「気にしないでいいのよ」という言葉を女性からかけられ、目を合わせることも出来ないほど早漏で恥ずかしかったことを覚えています。それ以来は、早漏で性的行為が怖く、行為から逃げ続けていました。時々、勇気を出して風俗に行ってみるのですが、やはり数秒と持たずに射精してしまいます。

早漏を克服しようと、15年間120種類の早漏防止、早漏克服と言われる方法を試し続けました。確かにその中には「少しは効いたかな?」という程度の早漏克服方法はありましたが、ほとんどハッキリした改善のないまま時間だけが過ぎていきました。

「早漏を克服する方法なんて存在しないのか!」と絶望で一杯でした。その間は恋愛からも、性的行為からも逃げ続けていた本当に辛い15年間でした。そんなある日、 私の早漏克服の大きなチャンスが巡ってきました。

「早漏を治療して、挿入している時間を長くしたいなら交感神経の過剰反応を抑えるべきで、直接刺激をどうこうするのって、期待薄じゃないのかな」とぼそりと言われました。ハッキリ言って理解不能です。早漏を克服するための大きな可能性を感じました。

そして、インターネットで色々調べていました。金戈(キンカ)という早漏防止薬を利用し始めました。多くの専門家は長年の研究で開発した日本金戈(キンカ)早漏防止薬は早漏に悩む男性を助けています。金戈(キンカ)を使用後、早漏を大変改善しました。それまでの性格から180度変わりました。恋愛も性的な行為も積極的になり今では幸せな家庭を作り早漏コンプレックスもなく楽しい人生を過ごしています。

 

 

日本人気度NO.1早漏防止薬 - 日本JOKER

金戈(キンカ)精力剤は日本人医師による監修の早漏防止精力剤です。

勃起不全、性機能障害を有効的に改善します。男性の自信取り戻す!

日本で人気度No.1の男性外用精力剤で、安全性が高く、ぜひお試しください!

価格 参考価格 ¥2200円(税込)
容量 6800mg x 10錠
主な成分 イカリソウ、朝鮮ニンジン、オットセイの鞭、冬虫夏草、熟地黄、鹿の鞭、ヤクの鞭、枸杞子など。
用法·用量 即効の飲む方:セックス15分前1錠を服用します。
評価 5つ星