九州神龍の漢方成分とED治療効果」についての調査

「この頃、めっきり下半身に元気がない」
「昔のような活力を取り戻したいが、身体がついていかない…」
こんな悩みを抱えた中高年以上の男性が多いご時世のなか、数々の精力剤が販売されています。

こんな悩みを抱えた中高年以上の男性が多いご時世のなか、数々の精力剤が販売されています。

男性ならではの悩みを解決することに特化した品揃えが特徴で、健康食品やサプリメントはもちろん、取り扱いの難しい第1類、第2類の医薬品まで用意
一般の店舗ではなかなか目にできない商品も多いだけに、勃起不全などに悩む男性にとっては見逃せない存在といえるでしょう。
とはいえ、取り扱う商品のバリエーションが多いだけに、何をどう選んだら良いのかは判断の難しいところ。
そこで今回は、中華漢方市場で購入できる男性用精力剤九州神龍を徹底検証していきます。ED治療薬との違いについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください!

ED治療薬との違い

ED治療薬として高い有用性を認められている薬剤といえば、まず思い浮かぶのが「バイアグラ」。狭心症の治療薬の研究途中に偶然発見され、ED治療薬として流通するようになりました。
メカニズムは、勃起を抑制する酵素の働きを抑えるというもので、男性が性的興奮を覚えた際に、半ば強制的にペニスを勃起させる薬剤です。
媚薬のようなイメージを持つ方も多いようですが、実際にはバイアグラを服用しても性的興奮が高まることはありません。
また、医師によってEDと診断された患者に処方される「薬」であるため、ドラッグストアや薬局などで手軽に購入することはできません。
一方強精剤は、勃起を司る男性ホルモンを摂取するための医薬品。即効性があり、なおかつより自然な勃起が可能になるため、性交渉で得られる快感や持続力も高まるというメリットがあるんです。
そのため、バイアグラなどとは違いムラムラと性欲が湧き出て若返った気持ちになるのも特徴の一つです。

器質性ED

主に加齢などによる動脈硬化などが原因で起こるEDです。
血管が細くなったり、血液の循環が悪くなることでうまく海綿体(ペニス)に血液を送りこむことができずに、勃起まで至らない(硬くならない)というケースです。
その他にも生活習慣の乱れ(タバコ、お酒、食生活など)が血管や血液の循環に悪い影響を与えていることもあります(糖尿病や高血圧などの生活習慣病も含む)。
神経が傷害される病気(脳腫瘍とか脳出血など)で勃起がうまくいかないケースも器質性のEDに含まれます。
勃起がうまくいかないケースで1番多いのがこの器質性EDであり、年齢的には40代、50代以上の男性に多いです。

 

心因性ED

精神的なストレスや問題でうまく勃起できないケースは「心因性ED」に分類されます。
原因は様々ですが、夫婦間のトラブルや過去のセックスへのトラウマなど性的なストレスもあれば、仕事や人間関係のストレスが原因の場合もあります。
僕も経験ありますが、「セックスをしなければいけない義務感」「子作りのためのセックス」など精神的なプレッシャーで勃たない、中折れしてしまうというのも心因性EDになります。
一人エッチの時はギンギンに勃起するのに、セックスだと勃起しないなんてケースは、心因性EDの可能性大です。
20代や30代前半の男性は心因性EDであるケースが多いです。

 

混合型ED

加齢などによる器質性のEDと精神的な問題である心因性のEDの両方が原因として考えられる場合を混合型EDと呼びます。
混合型EDも器質性EDに次いで多く、あまり自分で気づいていないケースが多いパターンのEDでもあります。
多い例としては高血圧や糖尿病(器質性ED)の男性が、その病気をさらにストレスに感じ(心因性ED)より勃起がうまくいかないというようなケースです。
こちらも40代、50代、60代の男性に多いです。

薬剤性ED

神経系の薬(抗うつ剤、睡眠薬など)や循環器系の薬(血管拡張剤、利尿剤など)を処方されている男性がその薬の副作用で勃起に影響を与えてしまっているケースを薬剤性EDと呼びます。
このケースの場合は薬が原因とわかっていますので、心当たりがある方は医師に相談してみてください。

九州神龍は以上のED問題に対してすべてとても良い表現があります。

 

精力剤九州神龍の効果:

腎虚の引き起こすインポテンツのため、早漏者、ペニスの小さい者、体質は虚弱で、免疫力の機能の低い者

九州神龍漢方薬の成分の調査:

山芋、クコ、ハトムギ仁、冬虫夏草、人参、鹿餌、紅景天、黄精

九州神龍の用法と用量:

性交前で1粒従う