精力剤三體牛鞭勃動力の即効性どのくらいで効果がでるのか?

正しい対策をすれば精力減退は治ります。三體牛鞭の勃起と最後まで続く持続力が戻ります。ぜひこれからおすすめする対策を試してみてください!ンワン」となります。

勃起薬三體牛鞭なら即効性がある

即効性を「1,2時間で効果出る」と考えているなら、それはバイアグラ・レビトラ・シアリスといったような勃起薬でしか実現できません。
バイアグラに代表される勃起薬は、ED(勃起不全)対策の薬です。飲んでから30分~1時間くらいで強制的にチンコを勃起させます。そして、バイアグラ・レビトラの場合は3,4時間、シアリスの場合は24時間くらい効果が持続します。純粋な漢方薬三體牛鞭はバイアグラ・レビトラの効果に比べてもほとんど接近します

精力剤三體牛鞭は持続力がある:

精力剤は、勃起薬のように飲んでから3,4時間で効果が無くなるわけではありません。
もちろん毎日飲み続けるからこそ効果が徐々に出てくるものですが、精力が回復してからは、例えば1日2日飲まなかったとしてもすぐに精力が減退するわけではありません。常にムラムラしているわけではありませんが、女性の裸を見たり触れたりしてスイッチが入れば、ムラムラした性欲とギンギンの勃起状態になります。
精力剤は、一時的に効果を発揮する「薬」ではなく、毎日飲み続けて体質を改善する「サプリメント」です。だから、副作用がなくて、一度精力が戻ると、しばらくは精力旺盛で勃起の反応も硬さもの状態が続くようになるんです。

精力剤三體牛鞭の効果:

勃起不能、早漏、性欲減退、性交過多、男女性機能障害、倦怠感、腰や足が痛い、冷え症、夜間頻繁に尿意を催す、などに効果があります。特に勃起不能、早漏にはよく効きます。また、心臓病、糖尿病患者に注意して服用すれば補助効果があります

三體牛鞭勃動力漢方薬の成分の調査:

黄牛鞭、鹿茸、高麗人参、肉ぞうよう、龍眼肉、五味子

黄牛鞭(ぎゅうびん)

牛鞭とは雄牛のペニス・睾丸を意味します。中国では雄牛のペニスは精力増強の源として、薬膳スープなどの具として使用されていきました。睾丸はタンパク質の一種であるヌクレオプロテインやプロタミン、さらには核酸の一種であるデオキシリボ核酸(DNA)が豊富に含まれています。そのため睾丸を摂取することで精力増強やEDの原因となる糖尿病の予防効果があります。

人参(にんじん)

人参はウコギ科オタネニンジンを蒸して乾燥させたものです。漢方では、オタネ人参の代わりに竹節(ちくせつ)人参が使われることがあります。人参には滋養強壮、疲労回復、ガン予防、のぼせ予防、便秘予防に効果があります。

鹿茸(ロクジョウ)

さて、それでは鹿茸が何に使われてきたかを文献から探してみたいと思います。まずは現代の鹿茸に関する情報を一番オーソライズされたかたちで載せている『中華人民共和国薬典』を見ることにしましょう。【効能と主治】には「壮腎陽、益精血、強筋骨、調冲任、托痔毒。用于腎陽不足、精血亏虚、陽痿滑精、宮冷不孕、羸痩、神疲、畏寒、眩暈、耳鳴、耳聾、腰背冷痛、筋骨痿軟、崩漏帯下、阴疽不斂。」とあります。適切な日本語にするのは難しいのですが、「腎陽を壮んにして、精血を益し、インポテンツや遺精、子宮の冷えによる不妊、痩せ過ぎや虚弱体質、気力が出ない、冷え性、めまい、耳鳴り、耳が聞こえない、背中の疼痛、筋や腱の衰え、月経以外の出血やおりもの、治りにくい膿瘍」ということでしょうか。生命活動をつかさどる、東洋医学でいうところのいわゆる腎の衰えから出てくる諸々の症状に有効ということです。前述の効能は現代の薬典の説明ですが、これらは長い歴史の上に成り立ってきたものと考えられ、その淵源たる書物にはいかなる説明があるのでしょうか。『神農本草経』には「漏下・悪血・寒熱・驚癇を治し、気を益し、志を強くし、歯を生じて、老いず。」とあります。「不正出血、血が滞って瘀血などを生じて起こる病、悪寒したり、熱が出る病、小児のひきつけや肺炎などを治し、元気を益し、気力を強くし、歯を生じて、老化を防止する。」ということでしょうか。また李時珍は『本草綱目』で「精を生じ、髓を補し、血を養い、陽を益し、筋を強くし、骨を健にし、一切の虚損、耳聾、目暗、眩暈、虚痢を治す」と記しています。古代から現代に至るまで、人体の構成と生命活動の要である「精」を充足するための薬剤として使われてきたことがわかります。東洋医学的な考え方に則れば、精は生命の基礎です。父母から受け継いだ遺伝による先天的な精に加え、後天の精の元となる食料が充実すれば生命力は充足し、強くなり、外界の変化にも十分対応することができます。精が虚し、すなわち不足すれば、反対に生命活動は弱くなり、病気に対する抵抗力も弱まると考えられます。精を補充する薬剤の中で、鹿茸の右に出るものはないといわれています。

龍眼肉(りゅうがんにく)

龍眼肉はロンガンのドライフルーツ。中国語では、桂圓(ぐいゆぇん)と表記されていることもあります。
ムクロジ科のリュウガンの果肉の部分を干したモノ。
心血をチャージしたり、消化器系統を元気にするので、心悸や食欲不振などに使われます。
日本のスーパーマーケットで目にすることは、まずありません。
でも、スーパーフードで有名になったマルベリーの実のドライフルーツ(中薬では桑椹「そうじん」というのですが)みたいに、いずれ龍眼肉も知られるようになって、日本でも手に入れやすくなるような気がします。
そのまま食べてもおいしいし、やさしい甘さなので、食べ過ぎなければ手軽なヘルシースナックにもってこいだからです。
香港の店頭に並ぶ龍眼肉には、産地や加工の仕方の違いで、べたっとして黒っぽいものから、からりと乾燥した薄黄色のものまで、イロイロあります。
中薬として使う場合には煎じて服用しますが、けいてぃーさんはパンを焼くときに入れたり、煮魚のお料理に入れたりして、血をチャージする薬膳づくりに使うのが大好き☆

五味子(ゴミシ)

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マツブサ科チョウセンゴミシの完熟果実を乾燥したもの。5つの味があることが名の由来。滋養強壮、鎮咳(ちんがい)などの作用がある。食欲不振、疲労倦怠(けんたい)に効く清暑益気湯(せいしょえっきとう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)、虚弱体質、胃腸炎、貧血に効く人参養栄湯(にんじんようえいとう)などに含まれる。果実を浸けた五味子酒は疲労回復に効く。

2 thoughts on “精力剤三體牛鞭勃動力の即効性どのくらいで効果がでるのか?”

  1. 恥ずかしながら年齢のせいで精力がなくなってきたので、三體牛鞭勃動力を試してみました。最初は半信半疑だったのですが、2ヶ月を過ぎたあたりから朝勃ちもするようになって、かなり回復しました。

  2. 勃起薬三體牛鞭は他の精力剤よりも価格が安いのが嬉しいですね。これくらいの値段なら無理なく毎日続けられます!

Comments are closed.